FTPサーバー設定

今日はLinux環境でFTPサーバーを立てて、専用のユーザーを追加してみましょう。
(OS:centos 5.6)

UNIX系システム向けの一番有名なオープンソースのFTPサーバ【vsfptd】を使います。

注意:FTPサーバーを設定する前にftpポートを解放しておいてください(20,21)

インストールされていない場合はインストールします:

#インストール状態を確認
yum list installed | grep vsftpd

#インストールされていない場合...
 yum -y install vsftpd

次は設定ファイルをカスタマイズします:

vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf

#匿名ログイン=禁止
anonymous_enable=NO

# アスキーモードのアップダウンロードを許可
ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES

# バージョン情報が表示されないように
ftpd_banner=Welcome to xxx FTP service.

# ホームディレクトリより上のディレクトリアクセスを禁止
chroot_local_user=YES
chroot_list_enable=YES
chroot_list_file= /etc/vsftpd/chroot_list

# ディレクトリごと削除を許可
ls_recurse_enable=YES

# /etc/vsftpd/user_listのユーザのみアクセス許可
userlist_enable=YES
userlist_deny=NO

# ユーザごとの設定ファイルを有効にする
user_config_dir=/etc/vsftpd/vsftpd_user_conf

ユーザーを追加します。bashログインできないように -s (shell) 引数を指定し /sbin/nologin値を与えます。 ユーザーのhomeとしてはapacheのdocumentRoot下のディレクトリーを指定します(-d)。最後にパスワードを変えます。

adduser -d /var/www/html/your_directory -s /sbin/nologin  ftp_user1
passwd ftp_user1
...

etc/vsftpd/user_listに【ftp_user_1を】ユーザーを追加します。

#念の為、バックアップ
cp /etc/vsftpd/user_list /etc/vsftpd/user_list.BACKUP
echo ftp_guest_1 >  /etc/vsftpd/user_list

サーバーを起動させて、serviceとして登録します

 /etc/init.d/vsftpd start
 chkconfig vsftpd on

以上です~

by johann

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中