pgpool-IIの環境構築

こんにちは、LAMPでpgpool-IIの構築をしようとしたら思いのほか最新版かつ一貫した内容のブログが無かったので、インストール手順を残しておきます。

環境

OS: CentOS 6.3 (64 bit)
Postgres: pgsql-9.1
pgpool: pgpool-II-91

手順

操作は「リポジトリアップデートをするだけ!」なので非常に簡単です。

    1. リポジトリの更新

# wget http://yum.postgresql.org/9.1/redhat/rhel-5-x86_64/pgdg-centos91-9.1-4.noarch.rpm
# rpm -ivh pgdg-centos91-9.1-4.noarch.rpm
# yum check-update

    1. PostgreSQLのインストール

・準備
# groupadd -g 1003 post
# useradd -g post -u 1003 postgres -d /home/postgres -s /bin/bash
# passwd postgres
[postgres]

・メモリー、スワップ領域の確認(16MB以上)
# grep MemTotal /proc/meminfo

・ディスク領域の確認(要件は約150MB)
# df -h

・OSの確認(要件は2.6.9 以上)
# uname -r

・インストール
# yum install postgresql91-server

・初期化
# service postgresql-9.1 initdb
→データベースを初期化中: [ OK ]

・動作確認
# service postgresql-9.1 start
→postgresql-9.1 サービスを開始中: [ OK ]

・postgresの動作確認
# su – postgres

# l
→データベースのリストが表示さればOK

# q
→ちゃんと外に出ましょう。

    1. pgpool-IIのインストールと設定

# yum install pgpool-II-91

・設定
# cp /etc/pgpool-II-91/pgpool.conf.sample-replication /etc/pgpool-II-91/pgpool.conf
# vi /etc/pgpool-II-91/pgpool.conf
++ ackend_hostname0 = ’192.168.0.3′
# Host name or IP address to connect to for backend 0
++ backend_port0 = 5432
# Port number for backend 0
++ backend_weight0 = 1
# Weight for backend 0 (only in load balancing mode)
++ backend_data_directory0 = ‘/opt/PostgreSQL/9.1/data’
# Data directory for backend 0
++ backend_flag0 = ‘ALLOW_TO_FAILOVER’
# Controls various backend behavior
# ALLOW_TO_FAILOVER or DISALLOW_TO_FAILOVER
++ backend_hostname1 = ‘host2′
++ backend_port1 = 5432
++ backend_weight1 = 1
++ backend_data_directory1 = ‘/data1′
++ backend_flag1 = ‘ALLOW_TO_FAILOVER’

++ load_balance_mode = on
++ log_statement = true

・プロセスID生成ディレクトリの設定(インストール時にディレクトリ指定をしていない場合は作って下さい)
# mkdir /var/run/pgpool/
# chown postgres /var/run/pgpool

・認証設定(※Postgresの認証が”trust”だとNGなので、”passwd”に変更します。ちゃんとレプリケーションしている全てのPostgresの設定を行います)
# cp /usr/pgsql-9.1/share/pg_hba.conf.sample /usr/pgsql-9.1/share/pg_hba.conf
# vi /usr/pgsql-9.1/share/pg_hba.conf
内容は適宜記載して下さい。
こちらのページが参考になります。

・pgpoolをpostgres権限で起動するための権限設定
# chown postgres /etc/pgpool-II-91/pool_passwd

・動作確認
# pgpool -n >> /home/postgres/pgpool.log 2>&1 &
# tail /home/postgres/pgpool.log
→ LOG: pid 26526: pgpool-II successfully started. version 3.1.3 (hatsuiboshi)
このようなメッセージが表示されれば正常に動いています。

    1. psqlより動作確認

$ psql -h localhost -p 9999 -U postgres
Password for user postgres:
↑のように表示され、DBに対して操作が行えれば、終了です。

<h3>参考文献</h3>

<ol>

 <li>リポジトリの更新- こちら</li>

<li>Postgresのインストール要件・設定- こちら</li>

<li>pgpool-II導入ガイドIBM- こちら</li>

<li>Welcome to pgpool -II page- こちら</li>

<li>エスキュービズム ラボ Blog- こちら</li>

<li>kunikuの日記- こちら</li>

</ol>

by Saito

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中